脱フリーターをするには20代半ばまでが勝負となります

・年齢が高くなる程難しくなるフリーターの就職

 

フリーターは、長く続けていてもキャリアとして認めて貰えないという現状があります。
履歴書を書いても、職務経歴書に書けるような内容が薄く、書類選考で落とされてしまうのです。
一般的に企業は年齢が上がると、それなりの給与を与えなくてはなりません。
若いうちならともかく、20代も後半になってくると、採用する企業側も給与レベルの働きをしてくれる人間を求めるようになります。
フリーターの場合は益々就職することが難しくなってくるのです。

 

・フリーターから正社員の求人を探すには

 

フリーターから正社員を目指すには、とにかく一刻も早く就職活動をすることが大切です。
キャリアが何もない場合は、「未経験OK」という求人を探しましょう。
最近ではアパレル等の販売・サービスで未経験でもやる気のある人を求めています。
もしも面接で志望動機について訊かれたら、「接客のアルバイトをしていて、是非正社員で続けたいと思った」など、フリーターをしていて学んだことなどを交えて話すと熱意を汲んで貰えます。

 

・フリーターから就職したいと思っている人へ

 

フリーターを続けていると有給もないし昇給も限られていますので、長く続ける程ワーキングプアになってしまいます。
正社員として働けるかどうか精神的に不安な人もいるでしょうが、最初の三か月はどこの企業も試用期間というものがあり、正式な採用にはならず、アルバイト扱いとなります。
入社してもしばらくは、「自分はまだアルバイトなのだ、フリーター時代と何も変わらない。しかしそれが終わったら安定した生活が待っている」と考えると、精神的に楽にります。
自分はこの会社に必要とされて入社したのだ、と自信をもつことが大切です。


このページの先頭へ戻る