就職が厳しくなっている今の日本、高学歴を持っていても就職するのが難しい時代が続いています。ましてや高卒では就職のチャンスがより低くなってしまうのではと感じるかもしれません。しかし、忘れていはいけないのは企業を本当に信頼できる人間を探しているということです。このポイントを押さえれば就職はそう難しくありません。つまり、面接時の印象が非常に大切です。面接で自分を本来の姿よりよく見せろと言っているのではありません。何百といった若者を見ている面接官には、あなたが思っているよりもあなたの人柄が伝わっているのです。責任感があるのか?向上心があるのか?といった点は簡単に相手に伝わってしまうものなのです。

 

 ではどうすればよいのでしょうか?これは経験を積んでこそ身についていくものです。まず学校の友達以外の大人と話す機会をたくさん活用してください。家族、近所の人、バイト先の先輩、先生など、幅広い年齢層の人と話せるようになってください。繰り返していくうちに、どのように自分の気持ちを伝えたらいいのか、どのように相手の気持ちを知るのかが自然と分かってきます。一見、面接と関係ないように思えますが、この経験を積んでいるのといないのでは、緊張して臨む面接、さらには就職後の人間関係の構築に大きな差が出てくるのです。


このページの先頭へ戻る