フリーターから正社員になりたいと思うことは悪いことではありません。生活は安定しますし、正社員になることで、仕事の責任も増えますがやりがいも同じようについてきます。正社員を目指す上で、就職活動で志望動機は悩みどころです。まず、正社員の方が安定しているという理由を挙げるのは、印象がよくありません。実際には正社員を目指す人のほとんどが、安定に魅力を感じるはずです。しかし、この理由では、企業側としては、会社に養ってもらうという意識が強いように受け取られてしまいます。

 

 志望動機は、企業側にもメリットがあるものでなければいけません。例えば今までの仕事を踏まえて、さらにステップアップしたいということであれば、企業側にもメリットのある志望動機です。ではステップアップが志望動機なら問題ないのかというと、ここでもう一つポイントがあります。それは、そのステップアップの内容が、今のフリーターの仕事で達成不可能だという根拠を示すことです。ここについては特に注意が必要です。何故なら、もしその内容がフリーターとしても実現可能なことならば、現在の仕事でやり残しがあるととられてしまうからです。どうしてもフリーターでも実現可能なものしか思い浮かばないならば、正社員であることでより実現しやすい点をアピールしましょう。


このページの先頭へ戻る